今年のハイライト

2020年は自宅の改修をして両親との二世帯同居で始まり、

その後何度も衝突と関係修復を重ねています。(苦笑)

日常の過ごしやすさは、関係の気圧差によって、

穏やかな小春日和にも、

先の見えないホワイトアウトにも思えました。


もう少し、生活全般に視野を広げてみると、

パンデミックがもたらした時間、環境の変化、ビジネスでの新たな展開は、

時に厳しい冒険や慎重な計画を要求するものの、

改めてSIとともに進んでいく心強さを実感しました。


そんなハイライトを挙げるなら、

「GSIの日本コースを企画できたこと」

「オンライン・レッスンとセッションの需要があること」

「クライアントとパーソナル・セッションを再開できたこと」

「翻訳の機会がたくさんあったこと」

「パートナーと前向きで楽しい関係が続いていること」


こんなにハイライト続きだったのかぁと、挙げてみて驚きます。

豊かな年でした、ありがとうございます。


















21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Practitionerトレーニングへのパス

私がGuild for Structural Integration(GSI)に入学を受け入れてもらったのは、 もう15年も前、そして季節は今頃でした。 コツコツとGSIのサイトを翻訳しながら、どこでどんな風に学べるのか調べ、 拙い英文のメールを学校の事務局へ送りました。 入学申請に必要な書類を集めたり、I-20を持ってのビザ申請など、 当時は親切なブログなども無く、手探りでしたが良く入学許可がお

Follow Rolf Balance :

© 2020-2022  RolfBalance - この中に用いられているすべての画像、文章の無断複写転載を禁じます。