患者の家族になって病院を訪れる経験

最終更新: 9月2日

心臓疾患、脳神経疾患を併せ持つ患者さんに、

毎日理学療法を通じて出会っていたのは15年前まで、、、

ではありませんでした。

私の家族に(重症な)患者がいたのです。


サイレントキラーである高血圧、動脈硬化を

投薬に任せて軽視して過ごしていたために、

これらは年を経て投薬ではコントロールできない状態になり、

徐々に自覚・他覚症状が顕著に、、、。

足をつりやすく、坂道を歩けなくなり、痩せ、食欲がなくなり、動悸がして、、、と


その症状を見ている家族は、体が悲鳴をあげていることがわかるのですが

医者まかせの患者には本人の中の原因を分かりません、、、


症状や検査結果を軽視するという心理は何なのか、、、

男性であること、高齢であること、遺伝的に高血圧であること、、、と、

動脈硬化の素因そのものが症状を軽視する背景でもありそうです。


かかりつけ医と相談の上、入院加療することになった先は、

以前に私が理学療法士として働いていた医療機関でした。

システムも医師も、院内の設備も15年前とは全く違い、

その新しい数々のサービスに大変助けられました。


その中でも難しい対応を求められる患者へのサービスなのでしょうか、

専門のあるいは管理職と思しきナースとケースワーカーが病室を訪問してくれます。

担当医師や病棟のナースとは違うスタンスで対応してくださいます。


隙間的サービスなのかもしれません、

が非常に有意義なサービスだわと勉強させていただきました。


高齢になって社会生活や出会いが限られると、

質のよい対面サービスは何よりの薬になるようです。


感染を避け、対面サービスをする・される機会が少なくなっている今、

その中で共感性や適応性を高める意識を大事にしたいものです。







20回の閲覧

Follow Rolf Balance :

© 2020-2022  RolfBalance - この中に用いられているすべての画像、文章の無断複写転載を禁じます。