Practitionerトレーニングへのパス

私がGuild for Structural Integration(GSI)に入学を受け入れてもらったのは、

もう15年も前、そして季節は今頃でした。


コツコツとGSIのサイトを翻訳しながら、どこでどんな風に学べるのか調べ、

拙い英文のメールを学校の事務局へ送りました。


入学申請に必要な書類を集めたり、I-20を持ってのビザ申請など、

当時は親切なブログなども無く、手探りでしたが良く入学許可がおりたものです。


今、トレーニングを開催する立場になり、それらのプロセスを提供する側になりました。


トレーニングはもう2ヶ月後です、そして生徒の公募締め切りは1ヶ月後です。

4人の教師が日本語で基礎学習を教えていき、

このコースで先のトレーニングで必要になることのエッセンスを学んでいただけます。


これまで、どうしたらPractitionerになれるのかと思われていた方、

ぜひ公募要項をご覧ください。


https://www.rolfguild.org → 2021 Winter Phase1 Prerequisite in Japanese

→ Japanese Translation HERE

閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示

東京自由が丘のFeldenkrais Works 澤田さんのATMレッスンをオンラインで受講することができます (ATM:フェルデンクライス メソッドのグループで行うレッスンATMは、「Awareness Through Movement」(動きを通しての気づき)、生徒が自ら動くことで自分に最適な動きを見つけるというレッスン法) 先週で全14回の入門編が終了し、来週7月28日より基礎編が始まります