ストラクチュラル・インテグレーション(SI-身体構造の統合)*は、心身の適応性の改善、不調の解消にとどまらず、セッションを通じて個人の未知なる可能性や成熟性を体現していくプロセスです。

 

SIでは人の身体の構造のうち、人体で最大の器官=間質(筋膜構造:Fascia)に注目します。間質は本来「身体中にある層状・網状構造のタンパク質で、全ての臓器が機能する空間を支えている」もの、「内から心身を見守る」ものです。

SIの10回セッション・シリーズを通じて、間質が脱水状態から回復し、運動の方向性が拡がり、身体が内側から支えられるようになって初めて、経験が生き生きとした真に主体的なものになります。
 

*身体構造の統合(SI)は、アメリカの生化学博士であったアイダ・P・ロルフ博士が1970年代に確立し教育し始めた『全身のFasciaを統合する10セッション』です。現在、世界にある代替・予防医療の中で代表的なもので「心身の教育方法」として多くの方に選ばれています。

約3ヶ月の期間で10−12回のセッションを行います。スケジューリングにご協力ください。前半の3セッションのご予定とともにご予約ください。
ベーシック10セッションシリーズ
1 時間 30 分
¥12500
Planの詳細はこちら

​SIを学ぶ

アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティにあるGSI本校は数年後に日本でもSIを学ぶトレーニングを計画しています。

トレーニングの詳細はGSI Japanのサイトをご参照ください。

​お問合せはこちら

  • Facebook
  • アマゾンの社会のアイコン

Follow Rolf Balance :

© 2020-2022  RolfBalance - この中に用いられているすべての画像、文章の無断複写転載を禁じます。